[記事公開日]2018/02/04

仮想通貨のマイニング(採掘)の仕組みと方法!個人でもできる?

仮想通貨を手に入れる方法は主にこの3つです。

  • 取引所で円やドルと交換する
  • 商品のサービスの退化として受け取る
  • マイニング(採掘)する

仮想通貨を始めると、この「マイニング」とい

う言葉をよく耳にするかと思います。

 

マイニングとは一体何でしょうか?

また、個人でもマイニングすることはできるのでしょ

うか?

そこでリサーチしてみました!

 

仮想通貨マイニング(採掘)とは

マイニングを簡単に言うと、仮想取引の認証作業を

して、その対価としてコインを貰うことです。

 

鉱山から金を掘りだす作業に似ているためマイニング

(採掘)と呼ばれています。

また、マイニングを行う人のことをマイナー(採掘

者)と呼びます。

Coin

具体的に説明すると、

AさんとBさんに取引があると、暗号としてブロックチェーンにあげられます。

これをマイニングして(暗号を読解)

A⇒B間の取引をチェックしてコインの取引台帳に追記する作業です。

その対価としてビットコインを貰います。

 

ビットコインのマイニングの仕組みと報酬

前回の記事でビットコインの仕組みについてお伝え

しました。

参考記事⇒仮想通貨とは何か?初心者でも5分でわかる仕組みを解説!

 

ビットコインなど通貨の発行や取引には銀行のような

管理組織が存在しません。

その代わりにブロックチェーンと呼ばれる取引データ

技術によって支えられています。(右図)

 

 

仮想通貨の方式は「ブロックチェーン」という台帳に

記録されます。

新しい取引が行われると過去のデータとの整合性を摂

る計算をします。

Coin

なぜなら不正しようとしている人がいたら不正データがそのまま残ってしまいます。

これを防ぐためにマイニングが行われます。

マイニングは、二重払いや不正な送金

を防ぐために、過去の取引履歴から取引があ

っているか確認しないといけない重要な作業

です。

 

図を見る方がイメージしやすいかもしれません。

下記の図をご覧ください!

 

 

図のように、マイニングは10分ごとに行われます。

(10分ごとに1ブロック)

1番最初に答えを出してブロックを追加することに成

功したマイナーに報酬が支払われる仕組みです。

 

計算が終わったあとは、他のマイナーが計算結果が正

しいかを検証する作業をします。

約51%以上のマイナーが正しいと言えばその取引は

承認されます。

そしてその報酬として1番最初に答えを出した人のみ

ビットコインを得ることが出来ます。

Coin

ビットコインの新規発行はすべてこのマイニングを通じてしか行われません。

 

マイニング⇒⇒取引データに記録

⇒⇒報酬として通貨が貰える

 

個人はマイニング(採掘)は不可能?

マイニングは1人で作業する「ソロマイニング」と、

複数人で作業する「マイニングプール」があります。

 

ソロマイニングは家のパソコンで始めることができ

ますが、ビットコインなどメジャーな通貨では難しい

でしょう。

 

なぜなら、世界中でたくさんの仮想取引が行われてい

るため、実際にマイニングしようと思うと膨大な計算

能力を処理することができるGPSやASICと呼ば

れる高スペックなパソコンが必要です。

そしてそれを動かす電力が必要です。

さらに、マイニングすることでパソコンの発熱がす

ごいため冷却装置も必要です。

Coin

パソコンと冷却施設を1日24時間それを365日まわし続けたら電気代が高額になります。

 

しかし不可能かというとそうではありません。

知名度の低いコインなら個人でもマイニングでき

ます。

 

ただし、コンピューターの知識も必要なうえにマ

イナーなコインの場合は、流通量が少ないと価値がゼ

ロになってしまうリスクがあります。

 

一方マイニングプールは、みんなで計算して誰かが成

功したらそれに応じて報酬を分かち合うものです。

みんなでやる分報酬を手に入れやすくなります。

ただし、自分の報酬が少なくなってしまうといっ

たデメリットもあります。

 

クラウド・マイニング

それでもマイニングしたいという方に初心者でもおす

すめな方法があります。

自分ではマイニングせずにマイニング業者と呼ばれる

専門の企業に投資することで配当を得る方法です。

 

これなら特別な知識も、高額なパソコンや冷却装置を

そろえる必要はありません。

ただし、クラウドマイニングは詐欺も多いので見

極めが大事です。

 

まとめ

いかがでしたか?

マイニングは冷却装置のいらない寒い国や、土地

代、電気代の安い中国で盛んに行われています。

 

マイナーなコインなら別ですが、個人がマイニン

グの競争が激しい中で1番に承認作業を完了するの

は至難の業です。

たとえ高スペックな機器を準備できたとしても、さら

にスペックの高い新しい機器が出たら…

また買い替えるは難しいですよね。

リスクや手間を考えると私はやっぱり仮想通貨でコツ

コツ投資することにします~!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ